タックスリターン(2016-17) in Australia を自分でしてみたらお金が返ってきたりして

– Jul 28th, 2017 –

はい、今回は2016-17年のタックスリターンを自分でしてみたよ!というお話です。

因みに、オーストラリアでのタックスリターン2回目です。

去年もやってます、実は。

うん。

ブログサボりにサボったらいろんなものを記事にしてないまま1年経ってるんだよねー
色々たまりすぎてて、回収できなくなってきてるんですよねー

ごめんなさい(ー_ー;)

去年の早めにアップします。。。

というわけで、ま、前後しますが、まずは2017年のタックスリターンです!

 

タックスリターン の前に

PAYG ペイメントサマリーが必要です。

雇用主は7月14日までに発行しなければいけないという決まりがあるそうなので、それ以降に届かないようなら、雇用主に聞いてみたほうがいいかもしれません。

因みにワーホリは、法律が変わったので、2016年と2017年で別々のものを発行してもらう必要があります。

自分の場合だと、2016年7月から2017年6月まで3箇所で働いてます。

  1. 2016/7-9
  2. 2016/11-2017/2
  3. 2017/2-6

こんな感じ。
なので、2番目の所から2枚来るので、計4枚ペイメントサマリーを準備する必要があります。

ただ、雇用主がATOに申請しているはずなので、ペイメントサマリーがなくても大丈夫なこともあります。

因みに、2番目の雇用主、ペイスリップもたまにしかくれなかった人だったので、ペイメントサマリー送られてくると思っておりません。
そして、貰いに行きたくもないw

というわけで、ペイメントサマリー準備しないでやってみます!(めんどくさがり)

 

my gov にログインする

my govにログインします。(リンク

ホントにパソコンが色々と覚えてくれてて便利な世の中です。
(メアドとパスワード忘れていた人 (*´∀`)ノ゚.:。ハーイ+゚)

次のSecret questionもちゃんとメモっててほんとよかったー笑
(答え忘れてた人 (*´∀`)ノ゚.:。ハーイ+゚)

ちゃんとログインできたら、ATOのページに飛びます。

 

ATOログイン出来たらLodgeしましょ

無事ログイン出来たら、申請進めて行きますよー

“For action” の所にある、今年の “Tax return Lodge” をクリック

 

1. Contact details

電話番号、メアド、住所を確認します。
自分は去年の申請時から何も変わっていないので、合っていることを確認。

変更点ある人は変更してくださいね。

“Next” をクリックして次に進みます。

 

2. Financial institution details

ここでは登録している銀行口座の確認です。

何も変わってないのでそのまま次に進みまーす。

“Next” をクリック。

 

3. Personalise return

ここからが去年と多少違ってました。

Were you an Australian resident for tax purpose?(税務上、居住者かどうか?)
→去年Yesで通ったので今年もそのままにしてみました。
法律改定後、正式には2017年1月からNoになるのだと思いますが・・・とりあえずものは試しです。

Did you have a spouse?(配偶者いました?)
→いたらいいのにねー。

去年と今年でさらに違うのがこの先の質問です。

☑️ You received salary … or Australian Government payments
☑️ Salary, wages, allowaces, tips, bonuses etc

ここは去年と同じです。ワーホリは多分これだけの人が多いかな?
他に当てはまるところがある人はチェック入れてくださいね。

で、今年、増えていたのは次の項目。

☑️ You are claiming tax offsets, adjustments or a credit for early payment
☑️ Working holiday maker net income

因みに最初からチェックされてました。外そうとしても外れません(試したw)

この新しい項目は若干?な感じですが、チェック外れないし、とりま放置。

他にチェックに抜けないか確認して、次に進みます “Next”

 

4. Prepare return

はいもう少しです。

16年7月から17年6月までの収入とtaxの確認をして行きます。

ここでペイメントサマリーが必要になります。
それぞれの総収入と支払った税金を入力 or 確認します。

因みに自分の場合、ペイメントサマリー全部手に入れていないのですが、すでに申請されていました。というわけで、4件中2件は推測ですが、まぁ合ってるだろうと(適当)いうことで深く考えず先に進めることにしまーす(雑)

もしペイメントサマリーと違ったりする場合は、Add/Edit> から修正してくださいね。

そして、ここにも今年、新しい項目が。

Adjustment

一つ前の画面で”Working holiday maker net income”にチェックが入っていたので、ここを入力する必要があります。

“Add/Edit > “をクリックして情報を入力して行きます。

入力する項目は2つ

  • Working holiday maker gross income(2017年の総収入)
  • Deductions that relate to earning your working holiday maker income(2017年の控除額)

です。

因みに

総収入に2017年の総収入を記入したところ、エラー出ました私(笑)

そして0でもエラー(笑)

どーすんのこれ?と悩んだ結果、
Payment summaries に working holiday maker と書かれている項目が一つあったのでその金額を入力してみました。

で、エラー無かったのでそのまま次に進めました。
(もしかしたら自分のやり方間違ってるかもです(ー_ー;))

“Save and continue” をクリックして保存します。

その他

残りの項目を確認して行きます。

ワーホリな自分にはあまり関係ない項目ばかりなので、何も入ってないの確認して終わりです。

自分でタックスリターンしているので
How did you complete this tax return? -> Prepared myself

多分来年もしなきゃだと思うので
Will you need to lodge an Australian tax rerun in future years? -> Yes

のチェックを確認して、”Calculate” をポチり。

 

Declaration

計算が終わったら、返ってくるであろう金額が表示されます。

ここまでの内容に問題がなければ

Tick this box to sign this declaration with the identification details you used to log on

にチェックを入れて “Lodge” をクリック

時間に余裕がある人はLodgeする前に、記入内容を変えると返金額が変わるのかどうか試してみるのも面白いかと思います。(出会った日本人の子はそれやって返ってくる額が多くなる方でとりあえず申請したと言ってましたw)

 

Lodgement receipt

successfully lodged と出たらこれで申請終了です♪

2週間以内に処理されるそうなので、あとは気長〜に待ちです。

 

1週間後。

ちょうど1週間後に処理されました。

えっと、あのね。。。

Calculate の時点でうっすら気づいていたんですけどね。

全額返ってきたΣ( ̄□ ̄;)!!

2016年の分は絶対返ってくるだろうと期待してたが

2017年の分も全額返ってきたΣ(゜∀゜ノ)ノ

いいのかな?

これそのうち間違ってたー。とか言って返せ!とか言われないかな?

まいっか(*´σー`) ヘヘ…

とりあえず、お金手に入ったので遊ぶことにしまーす ワ─+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚─イ♪

 

ちょっくら付け足し

因みに自分

  • 去年も居住者で申請通ってます
  • 年間収入がかなり低くて$18,200超えてません
  • 去年申請した時から、住所変わってません

という感じです。

同じような条件の人はもしかすると2017年分も返ってくる可能性があるかもですよー!

そうじゃなくても試す価値はありですよー!

※あくまでもこの記事は、自分が申請した状況と結果を載せているものであり、他の方の申請結果を保証するものではありません。申請は自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です