バックパッカー税のせいでクビになったりして

– Feb 6th, 2017 –

upしてない話がいっぱいあるので、しばらく時系列前後します。スミマセン<(_ _)>

はい。つい先週、ボスにクビを宣告されました。

”法律に従って・・・なんたらかんたら・・・で来週でクビね”

と言われました。

全く理解できませんでしたが、とりあえず、いきなりクビなりました。
まぁ、いいんですけどね、ボスがうるさすぎてストレスだったから。

ま、でもなんかよくわかんないままクビも腑に落ちないので色々調べました。

 

諸悪の根源なバックパッカー税について

はい。元はと言えば、こいつがいけないんです。

バックパッカー税。

財政難なのに、バックパッカーのやつら稼ぐだけ稼いでいなくなりやがって。今まで免除してたバックパッカーの税金を一律にしてしまおう。んで、そのお金、財政難の足しにしよう。(勝手な解釈)

という感じのやつですね。

これで説明終わったら、ダメな気がするのでちゃんと引用してきます。

From 1 January 2017, as a working holiday maker the first $37,000 of your income is taxed at 15%, with the balance taxed at ordinary rates.

ATOホームページ抜粋

2017年1月1日から、ワーホリの税金一律15%になりました。(収入が$37,000未満の人)

今までTaxリターンで0%にしてくれていた税金を15%にされたわけです。
つまりTaxリターンしてもほぼお金返ってこない。(2017年1月1日以降の収入)

2017年にワーホリしてて、なんか、損した気分です。

 

で、なんで私クビになったの?

2017年と2016年で源泉徴収別にしなきゃいけないらしいんです。

めんどくさいですねー

ワーホリ雇ってる人は雇ってるって登録しなきゃいけないらしいです。

あ、めんどくさいですねー

ワーホリだけレートが違うから税金別に計算しなきゃいけないらしいです。

うん、めんどくさいですねー

あ、ワーホリ雇うのやめるわ、あのおっさん。( ̄◇ ̄)

システムに私を登録するのがめんどくさくてキャッシュジョブにしようと散々聞いてきましたからね。1月になってからは15%払うの?って散々聞いてきましたからね。

そんなめんどくさい思いしてまで私を残す気はないわな・・・へっヘ(-′д`-)ゝ
*情報元はEZY tax onlineさんのブログ

 

というか、色々問題になってきますね

ワーホリを常時雇っているお店はそこまで問題にならないと思いますが
オージーばっかりの職場とかだとワーホリってだけで雇ってもらえない確率upですね。

今までも

6ヶ月しか雇えないからワーホリは雇わない。

って断られた事があるというのに・・・
ワーホリはめんどくさいから雇わない。ってとこ増えそう。。。

 

2017年はワーホリハズレ年ってことか

新しい法律が施行されてすぐというのは手探りな事があるので、一番損をする時な気がします。

色々な手続きが一気に増えて、雇用主の負担が増加。

おかげでワーホリ人は仕事しにくい。。。

施行数年経ったら、雇用主も慣れるし、
不満が色々改善されてましになるだろうけど・・・

とりあえず今年はお試し期間的な感じが半端ない・・・

なんでもっと早くオーストラリアこなかったかな・・・
と自分を暫く責めそうです。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です